場所 温泉名 浴槽名 泉質 評価 値段 施設 感想/訪問日
岩手
入湯数 30
二戸 金田一
温泉
旅館おぼない 単純温泉 C 500 北岩手の温泉街、金田一温泉では中心的な位置にある温泉割烹宿の湯。温泉街は座敷わらじで有名だった緑風館が火災で焼失してしまい、なんだか暗い感じです。細い路地を進んだところにこちらの宿もあります。宿としては意外と雰囲気があり、なぜかトイレが豪華です。温泉は内湯のみで、だ円で結構大きな湯船が一つ。半循ですが、オーバーフローも結構あります。湯はMT微塩素で少々ツルつる感があります。
13/09/22
安代 新草
の湯
新草の湯 S 0 露混 草の湯への登山道の途中の沢を100m(標高で)ほど下っていくと、谷の中にありえないロケーションにパイプとポリバス(現在は壊れてます。)が。(笑)お湯は適温でものすごい湯の花。硫黄の臭いもしっかり。最高の秘湯。
05/08/14
安代 草の湯 草の湯 S 0 露混 安比温泉の近くで八幡平の登山道草の湯ルートの途中。歩き25分ほど。かなりぬるめで青白いお湯が広めの湯船に注がれている。かなりの湯の花の量で硫黄の臭いもする。
05/08/14
安代 安比
温泉
安比温泉 S 0 露混 登山道を40分ほど歩いていく。途中3回ほど沢渡りがあったような?八幡平の山の中。ちょっと緑がかった適温のお湯が木の枠の湯船に。ほのかに硫黄のかおりもする。
05/08/14
松尾 藤七
温泉
奥の湯 硫黄泉? S 0 露混 藤七温泉の少し上に地獄地帯があり、そこの源泉湯だまりに入浴できる。底は泥なので、ヤケドに注意が必要。もちろんものすごい硫黄臭なのでガスにも注意。
05/08/14
八幡平 藤七
温泉
彩雲荘 単純硫黄泉 S 600 露混洗 八幡平の樹海ライン沿いの標高1400m地点にある温泉宿。宿の奥は広大な地獄地帯が広がり、そこを源泉に湯船がいくつも設置されている。この湯船のそこからもボコボコと気泡とともに湧いており、まさに足元自噴。お湯は真っ白、強硫黄臭のお湯。露天風呂からの景色は雄大ですが、外からも丸見えです。(^^;)こちらは混浴で、源泉地帯の反対側には男女別の湯船もあります。温泉本にて半額でした。
08/08/15
松尾 太古の
息吹
温泉
噴湯 S 0 露混 藤七温泉の少し下の道路沿いの噴気。黒い熱湯がボコボコと。とうもろこしとか茹でれる。流れでた湯を沢との合流点でマイ湯船にうまく流して入湯。真っ黒なお湯は体にいいのかな?
05/08/14
八幡平 松川
温泉
松楓荘 酸性-単純硫黄泉 A 500 露混洗 八幡平の中腹、樹海ライン沿いにある松川温泉の歴史ある宿。露天風呂が二つあり、つり橋を渡ったところにある岩風呂が有名。どちらも混浴。お湯は硫黄の力強い匂いがし青白い湯に白い湯の花がたくさん舞うので、人が入ると、白濁する。なめると酸っぱいです。この時は前日の大雨の影響で岩風呂には入れず。残念。お宿のご好意で温泉本で無料にしていただけました。
08/08/15
西根 西根
温泉
ゲンデル
ランド
含硫黄Na塩化物泉 C 1200 露洗 いわゆる健康ランド。露天からは岩手山がみえるはず。
05/08/14
盛岡 赤湯
温泉
赤湯健康
ランド
含硫黄CaNa塩化物硫酸塩泉 単純泉 E 1260 露洗 源泉3本も持っている単純泉と長い泉質のを2本。でも湯船では、強い塩素臭は感じられてもそれらの泉質を感じることはできません。露天からの盛岡の眺めはきれいですけどねぇ。基本健康ランドですから。循環です。
07/08/14
雫石 雫石
高倉
温泉
雫石プリンス
ホテル
Na塩化物・炭酸水素塩泉 A 600 露洗 雫石スキー場に隣接した巨大なリゾートホテルの湯。さすがに巨大施設だけあってきれいです。ですが、施設規模にくらべて小さいかも。湯船は池に面しており、露天風呂のみで割りと広い。お湯はほんの少し熱め黄色透明でアブラ臭のような香りがあり、塩味があります。いい湯ですね。以前に比べ値下げしたようです。
11/02/27
雫石 国見
温泉
石塚旅館 含硫黄Na炭酸水素塩泉 S 500 露混洗 雫石の山奥、秋田駒ケ岳の中腹に湧く不思議な色とにおいの名湯。昔からの湯治場として知られる。あざやかな緑色の湯は湧出時は透明だが、湯温が下がるほど緑色が濃くなるという。また成分濃く、白い湯の花も大量に舞う。そして、その匂いは硫黄というより発酵系のにおいかな?(^^;)露天風呂は混浴です。鉄分を含んだタオルをつけると一瞬で灰色に染まります。これも不思議ですね〜。浸かるとツルツル感がいいです。
08/08/15
雫石 鶯宿
温泉
町民憩の家 アルカリ単純泉 A 300 鶯宿温泉の温泉街の入り口にある、観光案内所に併設の公民館のような共同浴場。シンプルな湯船には白い湯の花の舞う、熱い湯がかけ流しに。地元の人は難なく入り、湯温計は42度をさしているが、明らかに46度はあると思います。(^^;) 杉の根の湯源泉です。
11/02/26
雫石 鶯宿
温泉
石塚旅館 アルカリ単純泉 A 200 鶯宿温泉街の奥の方に位置する温泉旅館。鄙びた感じが風情を感じさせます。ここは特にリーズナブルなので有名。なんと一泊二食3775円(暖房・入湯税込)です。それでも食事はしっかりしたものが部屋だしです。やさしい女将さんが一人でがんばっています。お湯は鶯宿の湯で、適温MT微硫黄臭、白い湯の花が少し舞っており、かけ流しです。とにかく渋くていいですね。地元の人の公衆浴場も兼ねているようです。 杉の根の湯源泉です。
11/02/26
花巻 台温泉 冨手旅館 単純硫黄泉 A 200 混洗 花巻の奥座敷、台温泉の鄙びた風情の湯治宿の湯。鶴の湯という自家源泉を持っている。浴室は一つなので基本貸切での使用。入ると左手に源泉があり硫黄の匂いがして◎。湯船は二つあり、左手は自家源泉のみの湯船で熱い。右手は混合泉と自家源泉のミックスでちょっと熱め。やはりお湯の新鮮味があり左手の湯船が良いですね。お湯はMTMで、左手はかけ流し、右手はちょっと、(??)でした。
10/02/20
花巻 台温泉 精華の湯 含硫黄-Na硫酸塩・塩化物泉 B 500 台温泉の割と新しい日帰り入浴施設。蕎麦屋を併設している。浴室は広いが、湯船は内風呂が一つのみで仕切りがあり、湯温が少し違う。お湯はMTで、湯口では硫黄の匂いがし、少々の硫黄味がある、熱めの湯がかけ流しにされている。土地柄500円でも高く感じてしまいます。(^^;)
10/02/20
花巻 鉛温泉 藤三旅館 単純温泉 A 700 露混洗 豊沢川沿いに湧く、花巻南温泉峡の奥の方に位置する超有名湯治宿。旅館部と自炊部があり、完全に別棟で浴場で繋がっている。有名なのは混浴の白猿の湯と呼ばれる湯船で、水深が1.25mで立って入湯する。この湯船の底の岩盤からは湯が湧き出る、足元湧出。ただ、他にも配管から湯を供給している。近くに2人くらい入れる丸い湯船もある。こちらは単独源泉か?他に、豊沢川を眺めながら入れる露天風呂の桂の湯があり、こちらは夜にはライトアップされ中々です。旅館部には白糸の湯、銀の湯、自炊部には河鹿の湯もある。4つの源泉があり、どの湯船も少しづつ源泉ブレンド具合が異なるが、基本的にMTで湯口の近くではほのかに硫黄の匂いがし、ツルツル感のある湯ですがかけ流しです。自炊部に宿泊しましたが、湯治場の雰囲気をよく残し、良かったですよ。
10/02/20
花巻 高倉山
温泉
豊楽園 単純温泉 A 200 花巻南温泉峡の奥の方、鉛温泉の手前にある、温泉施設。以前は一軒宿でしたが、現在は日帰り入浴のみです。まず玄関には屋根を支える赤鬼が目を引きます。(^^;) 場内は古い防災ポスターがあり、なにか鄙びた雰囲気があります。浴室は、元々は混浴だったのをムリヤリ分けたのでしょう。取ってつけたような仕切りがありますが、湯船の中では繋がっております。湯口は女性側にあり、お湯はMTMMで柔らかい湯触り。浸かるとツルツル感の良い湯です。浴室の装飾はなにかの像やまさに象のシャワー口がありますが、象には仕切りがメリこんでいます。(^^;) 全体にはパラダイス系ですね。
10/02/20
西和賀 大沓
温泉
ホットハーブ錦秋 Na硫酸塩・塩化物泉 A 250 R107とr1の交差点から少しr1を北へ入ったところにある、温泉宿泊施設の湯。名前とは裏腹に静かな雰囲気です。なんだか気だるさも感じます。ですが、浴室へ入ると、なかなか美しい万遍ないオーバーフローが。湯船は三つで湯口から二手に別れ、高温湯と、歩行湯へ。歩行湯は温め。高温湯からオーバーフローした湯船もあり、それぞれ湯温がことなります。湯はMTで薄塩味の湯です。とにかく床でトドると本当に気持ちいいです。お得な施設ですね。
11/02/26
西和賀 巣郷
温泉
静山荘 Na硫酸塩・塩化物泉 A 250 露洗 小さな温泉地、巣郷温泉の温泉旅館の湯。割と大きな内風呂と露天があり、設備としては一般的かな。内風呂は半循環で、露天風呂はかけ流しとなる。お湯は微緑色透明で巣郷らしくアブラ臭がします。でも、でめ金食堂よりも少し硫黄分がある感じです。こちらも弱ツル感があります。内風呂の半循環もオーバーフローが多く、悪くありません。昼ごはん+お湯のプチ湯治のお客さんで賑わっていました。
10/02/20
西和賀 巣郷
温泉
でめ金食堂 S 混洗 国道107号沿いにある、鄙びた感じのドライブイン食堂の湯。立寄り湯は行っておらず、食事をしたらサービスでと言う形で入湯可能。浴室は一つだけで基本、貸切での利用となる。湯船は2、3人も入ったら一杯の小さなもので、独特の美しい意匠のタイルが目を引きます。この湯船も入ったとたんにぐっと来ますが、なによりも、超独特の匂いがぐっと来ます!完全に灯油系の強アブラ臭が!透明なお湯で少々の湯の華も舞う湯ですが味は特にしません。浸かるとツルツル感もあります。お湯は蛇口と底の湯口の二箇所から投入。源泉は熱めです。ねぎみそラーメンを食べましたが、おいしかったです。また来たいですね〜。
10/02/20
西和賀 湯川
温泉
春山荘別館 Na塩化物・硫酸塩泉 C 200 山深い山間の出湯、湯川温泉の温泉旅館の湯。ちょうど温泉街の真ん中あたり。家族的な雰囲気です。湯船は一つで、半分はジャグジー状態。ちょっと熱めでほぼMTMMの湯。完全かけ流しとの表示ですが、この時はオーバーフローが確認できませんでした。玄関にかわいい看板娘が居ます。(^-^)
10/02/20
湯田 鷲合森
温泉
見立の湯 S 0 露混 昔の鉱山の保養施設跡。山道を歩いて5分ほど。適温の透明なお湯がとうとうと流されている。源泉はちょっと手前にあり、旧浴槽と思われる。こちらは落ち葉が堆積して汚い。ニセ見立の湯と呼ばれている。
05/08/13
北上 夏油
温泉
元湯夏油 含硫化水素食塩石膏泉など S 400 露混 渓流沿いに5つの露天風呂。いずれも湯温、泉質がことなる。泉質がよく湯冷めしない。山奥の秘湯。
03/08/15
北上 夏油
温泉
洞窟風呂 S 0 夏油山荘の奥の洞窟(鉱山跡)にお湯が張られている。現在、衛生上の理由から入浴禁止。ただし、探検入湯は禁止されていない。(笑)中に源泉が湧いている。
05/08/13
北上 夏油
温泉
奥の湯 S 0 露混 北上から山の中へ入った夏油温泉からさらに奥へと延びる荒れたダートの林道をさらに4キロほど奥へ行った先の川原にある湯。なぜかドカシーと黒パイプがあり、快適な湯船には硫黄の臭いたっぷりの白い適温のお湯が。ロケーション、お湯共に最高です。ここまで到達する道は1本道だけど、かなり荒れているので途中からは歩いたほうがいいでしょう。隣を流れている川は床が赤く、上流にも何かあるのかも。
07/08/14
金ヶ崎 永岡
温泉
夢の湯 Na塩化物泉 B 380 金ヶ崎のゴルフ場のすぐ脇にある、温泉宿泊施設。日帰り施設としても大人気のようで、大勢の地元民で賑わっております。二つの湯船があり、メインの湯船は結構広く、湯船の角には打たせ湯があり、カーテンではねっ返りを防止しており、寝湯もあります。サブの湯船の方は小さく、少し湯温が低めかな?お湯は黄色透明で鉄塩味と多少のモールと鉄の匂いがして、かけ流しです。他のサイトではアワアワとの情報がありますが、この時は泡つきは確認できませんでした。また再訪してみたいものです。
10/02/21
一関 須川
温泉
須川高原温泉 強酸性明礬緑礬泉 A 500 露洗 豊富な湯量の青白い湯は非常にすっぱい。白い湯の花がそこら中についています。晴れていれば露天風呂の大日湯からの大日岩の眺めは本当にすばらしい。プールのような広さで本当に気持ちが良いです。内湯は旅館内にあり別料金なのでしょうか?このときは露天のみ入りました。辺りの紅葉はみごとです。北東北温泉本で無料。
07/10/23
某所 某温泉 某湯 S 50 某所にある、ジモ泉の共同湯。非常に鄙びた風情の湯小屋がちょっとわかりにくいところにあります。この時には冬で湯温が下がり、使用されておらずブルーシートで保護されておりました。特別に許可を得て入湯。MTMMのやさしい湯でした。
10/吉日
某所 某温泉 某湯 S 0 某所にある、ジモ泉の共同湯。コンクリ湯小屋はちょっとわかりにくいところにあります。許可を得て入湯。シンプルな四角のタイル湯船で、源泉はホースを経てバケツに注がれ、バケツの穴から湯船へ注がれています。微黄色透明で微塩味のちょっと熱めのさっぱり湯でした。
10/吉日

マチカネ部屋